043-423-2626

サウナの効果とは?「温冷交代浴」で自律神経が改善される?

ここでは、サウナの効果について詳しく解説していきます。

サウナと水風呂に入って改善が期待できる主な効能

  • 自律神経の改善
  • 血液の循環が良くなる
  • 湯冷めしにくくなる
  • 低血圧の改善
  • 安眠効果
  • ストレス解消
  • 肩こり
  • 腰痛

サウナと水風呂に入る「温冷交代浴」を繰り返すと上記のような効果が期待できます。

では早速、詳しく解説していきましょう!

自律神経のの改善

サウナ→水風呂→休憩 を繰り返すと、自律神経の改善が期待できます。

サウナで大量に汗をかき、血流がよくなりその後、冷たい水風呂に入ると血管が収縮します。

これを繰り返すと、自律神経を刺激され、心身のバランスが良くなります。

血管の循環が良くなる

サウナに入ると、血流が通常の2倍ほど早くなり新陳代謝がよくなり血の巡りが良くなります。

血液の循環がよくなれば、免疫効果も期待できます。

他にも、緊張した筋肉が血液の循環で乳酸が排出されリラックス効果も期待できます。

湯冷めしにくくなる

サウナ後の水風呂の効果によって、血管や毛穴が収縮し湯冷めしにくい状態になります。

毛穴の拡張と収縮を繰り返せば、老廃物も排出されさっぱり、スッキリ間違いなしです。

低血圧の改善

サウナと水風呂の交互浴によって、血圧の上昇と低下を繰り返し低血圧の方は、安定した血圧に戻る可能性があります。

サウナ中は、血圧が上昇して暑さを楽しみ、その後に水風呂で冷たさを楽しめば、一石二鳥です。

安眠効果

サウナと水風呂を繰り返し入れば、程よい疲れが身体を感じ、夜はぐっすり寝れます。

入りすぎて、疲れすぎなければ普段寝付けない人でも、あっという間に寝れて深い睡眠が期待でき、朝も気持ちよく起きれます。

ストレス解消

ストレス社会では、いろいろな悩みやストレスが、ひっきりなしで襲ってきます。

そんな時は、サウナに入ってスッキリしましょう。

サウナで大量にかいた汗を、水風呂で身体を冷やし、デトックスを一気に出して頭のモヤモヤをスッキりさせます。

その後の、休憩で普段の悩み事を一切忘れ、ボーっとするのもとても大切です。

肩こり・腰痛改善

血液の循環がよくなれば、血の流れが悪かった部分が流れるようになり肩こりや、腰痛の改善が期待できます。

肩こり・腰痛の原因は、血液の循環が悪いの原因のひとつです。

全てではありませんが、特に肩こりは血液の流れが悪くなって痛みが伴うのが原因とされています。

痛みの部分がピンポイントで血液が流れるようになれば、普段重たかった身体が、改善されるかもしれません。

サウナ通の交互浴の入り方

実際、サウナが好きでたまらない筆者が、サウナの入り方をレクチャーしたいと思います。

まず、温浴施設に来たら水を軽く飲んでおきましょう。

はじめは、かけ湯をして浴槽につかり身体をならします。

2~3分程度、浴槽につかったら身体をよく拭いてサウナに入ります。

筆者の場合ですと、12分時計を見て何分に入ったかを確認します。

どの施設も、12分時計はあると思いますが、ない場合はテレビの時間などを見て必ず入った時間を把握しておきます。

はじめは、12分入るようにします。

12分だと暑さが苦手な方ですと長く感じますので、自分に合った時間調整をしましょう。

5分ぐらいしてくると汗がどんどん出てきます。

筆者は、とても汗かきですので腕から足まで大量に汗が噴き出してきます。

10分ぐらいから少しきつくなって来ますが、もう少し我慢してあと2分耐えます。

この「2分」が後の水風呂が最高の極楽状態となるのでぐっと我慢します。(でも無理は禁物)

12分経ちましたら、かけ水をして汗を流します。

それから、ゆっくり水風呂につかり肩まで入ります。

だいたいの温浴施設ですと、17度から20度ぐらいの温度設定にしてあると思います。

よく、もぐったり泳いだりする方がいますが、他の方の迷惑にもなりますのでやめておきましょう。

どうしても、頭から水をかぶりたい時は、浴槽の外でかけ水で頭からかけるようにしましょう。

浴槽内ですと、衛生面的にも良くありませんので・・・

水風呂に入って、手足がジンジンしだしてきたら、そろそろ上がる準備をします。

水風呂の入浴時間は、だいたい2~3分程度です。

入りすぎるると、身体が冷えてしまいよくありません。

水風呂から出たら、外気浴を楽しみます。

露天風呂などに出られる施設があれば、外に出て身体をよく拭いて休憩します。

寝られるスペース所があれば、横になって休憩するのがベストです。

寝られる場所がない場合は、椅子に座って外気浴を楽しみます。

外気浴は、だいたい10~15分休憩します。

しっかり休めたら、またサウナに入ります。

これを3セット繰り返します。

身体の調子が、いまいちの場合は無理せず2セットぐらいにするときもあります。

2回目3回目のサウナ所要時間は、まちまちですが12分がきつい場合は、10分で出るときもあります。

ただ、外気浴でしっかりからだが休めているので、人が多い場合ですとサウナの温度も下がり気味ですので、状況によって15分入ることもあります。

サウナ行事が終了しましたら、好きな炭酸泉に使って体をリラックスさせていきます。

以上が、サウナ好きのサウナルーティンです。

サウナの入り方は、人それぞれですので入りながら自分の入り方を習得してみてはいかがでしょうか?